ルドルフもわたるふもいろいろあってな

Microsoft 365、Power Platform、PowerShellについて調べたことや検証したことなどを投稿します。技術の話は面白い。

【概要編】Microsoft Teams の会議出席者レポートにPower Automateで所属部署情報を付加する

Power Automate を使ってMicrosoft Teams の会議出席者レポートに記載されている出席者を所属部署の情報を付加してCSVに出力します。

フローをGitHubで公開しました。下記リンク先からダウンロードしてください。
github.com

こんな ましゅまろをいただきました。

というわけで、フローを作ってみました。

(`・ω・´)シャキーン

注意

このフローはサンプル提供のためさっと作ったフローです。そのため細かな動作検証は行っていません。運用で使用する際は事前に改修・動作検証を行ってください。

フローについての説明

フローの概要

このフローは、Microsoft Teams の会議出席者レポートに記載されている出席者を所属部署の情報を付加してCSVに出力
するフローです。

特長

このフローはTeams会議のチャット欄からダウンロードした出席者レポートのCSVをそのまま所定のフォルダにいれることで処理を実行することができます。フローにCSVを渡す前に出席者レポートを加工する必要はありません。

CSVに出力する情報は何か?

CSVに出力する情報は以下の通りです。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 所属部署


フローの使用イメージ

会議の参加者レポートをダウンロードします。

ダウンロードしました。

所定のフォルダ(ここではOneDriveの「会議出席者」フォルダ)に出席者レポートをアップロードします。

「処理済みCSV」フォルダをクリックして開きます。

フローによって出力されたCSVが保存されています。クリックして開きます。

CSVに出席者の情報が記載されていることを確認します。できてますね。(`・ω・´)シャキーン

フロー図

フローの全体は下図の通りです。

ステップごとの解説は解説編で行います。

ステップごとの解説は解説編で触れます。

Microsoft Formsのフォームに回答していないひとに対して自動でメンションする」フローの解説編がまだ残っているのでそちらが終わったあとに投稿したいと思います。

今回は以上です。